サイバーメディアガイドライン

報道評議会規則

意見の自由、表現の自由、報道の自由は、パンチャシラ、1945 年憲法、国連世界人権宣言によって保護されている人権です。インドネシアにおけるサイバーメディアの存在は、意見の自由、表現の自由、報道の自由の一部でもあります。

サイバー メディアには、その管理が専門的に実行され、報道およびジャーナリズム倫理規定に関する 1999 年法律第 40 号に従ってその機能、権利、および義務を果たすことができるように、ガイドラインを必要とする特殊な性質があります。このため、報道協議会は、報道機関、サイバー メディア マネージャー、および一般市民とともに、次のようなサイバー メディア報道のガイドラインを作成しました。

1. 範囲

サイバーメディアとは、インターネットを利用して報道活動を行うすべての媒体をいい、報道法および報道協議会が定める報道機関基準の要件を満たしているものをいいます。
ユーザー生成コンテンツは、記事、写真、コメント、音声、ビデオ、およびブログ、フォーラム、読者のコメント、視聴者などのサイバー メディアに添付されたさまざまな形式のアップロードを含む、サイバー メディア ユーザーによって作成および/または公開されたすべてのコンテンツです。フォーム。

2.ニュースの検証とバランス

原則として、すべてのニュースを検証する必要があります。
他の当事者に害を及ぼす可能性のあるニュースは、正確さとバランスの原則を満たすために、同じニュースを検証する必要があります。 上記 (a) の条項は、次の場合に除外されます。

  • ニュースは本当に緊急の公益を含んでいます。
  • 最初のニュースソースは、明確に特定され、信頼でき、有能なソースです。
  • 確認が必要なニュースの対象者の所在が不明である、またはインタビューできない場合。
  • メディアは読者に、このニュースにはまださらなる検証が必要であると説明し、できるだけ早く検証を試みます。説明は、同じニュースの最後に、括弧内およびイタリック体で含まれています。
  • ポイント (c) に従ってニュースを公開した後、メディアは検証作業を継続する必要があり、検証が得られた後、検証結果は未検証のニュースへのリンクと共に更新されたニュースに含まれます。

ユーザー作成コンテンツ
サイバー メディアには、ユーザー作成コンテンツに関する利用規約が含まれていなければなりません。 1999 年の 40 号は、プレスおよびジャーナリズムの倫理規定に関するもので、明確かつ明確な方法で配置されています。

サイバー メディアでは、すべての形式のユーザー生成コンテンツを公開できるようにするには、まず各ユーザーがメンバーシップに登録し、ログイン プロセスを実行する必要があります。ログインに関する規定は、さらに規制されます。

この登録では、サイバー メディアは、ユーザー生成コンテンツが公開したことを書面で承認することをユーザーに要求します。

  • 嘘、誹謗中傷、サディズム、わいせつが含まれていません。
  • 民族性、宗教、人種、グループ間 (SARA) に関連する偏見や憎悪を含み、暴力行為を助長するコンテンツは含まれません。
  • 性別や言語の違いに基づく差別的な内容を含まず、弱者、貧困者、病人、精神的または身体的障害者を侮辱するものではありません。

サイバーメディアは、(c)に反するユーザー生成コンテンツを編集または削除する絶対的な権限を有します。

サイバー メディアは、ポイント (c) の条項に違反したとみなされるユーザー生成コンテンツに対して、苦情のメカニズムを提供する必要があります。この仕組みは、ユーザーがアクセスしやすい場所に提供する必要があります。

サイバー メディアは、報告され、ポイント (c) の規定に違反しているユーザー作成コンテンツを編集、削除し、是正措置を講じる必要があります。これは、苦情を受け取ってから 24 時間以内に可能な限り速やかに比例して行わなければなりません。

(a)、(b)、(c)、(f)の条項を遵守したサイバーメディアは、(c)の条項に違反するコンテンツをロードすることによって引き起こされた問題について責任を負いません。

サイバー メディアは、ポイント (f) で言及されている期限が過ぎても是正措置を講じなかった場合に報告されたユーザー生成コンテンツに対して責任を負います。

3. 誤り、訂正、および返信の権利
  • 訂正、訂正、返信権については、報道法、報道倫理規程、報道協議会が定める返信権ガイドラインを参照。
    修正、修正、または返信権は、修正、修正、または返信権が付与されたニュースに関連付けられている必要があります。訂正、訂正、および返信権に関するすべてのレポートには、当該訂正、訂正、およびまたは返信権のロード時刻を含めることが義務付けられています。特定のサイバー メディア ニュースが他のサイバー メディアによって流布された場合、次のようになります。
  • ニュースを制作するサイバー メディアの責任は、サイバー メディアまたはその技術的権限の下でサイバー メディアに掲載されたニュースに限定されます。
  • サイバー メディアによって行われたニュースの訂正は、訂正されたサイバー メディアからのニュースを引用する他のサイバー メディアによっても行われなければなりません。
  • サイバー メディアからニュースを広め、ニュースを所有または作成するサイバー メディアによって行われたことに従ってニュースを修正しないメディアは、修正されていないニュースのすべての法的結果に対して全責任を負います。
  • 報道法に従って、返信の権利を提供しないサイバー メディアは、最高 5 億ルピア (5 億ルピア) の罰金の刑事罰の対象となる可能性があります。
4.ニュースの取り消し

公開されたニュースは、SARA、品位、子供の将来、被害者のトラウマ体験、または報道評議会によって決定されたその他の特別な考慮事項に関連する問題を除き、編集チームの外部からの検閲の理由で取り消すことはできません.

他のサイバー メディアは、取り消された元のメディアからのニュースの抜粋の取り消しに従う必要があります。

ニュースの取り消しには、取り消しの理由を添えて、一般に公表する必要があります。

5. 広告

サイバー メディアは、ニュース製品と広告を明確に区別する必要があります。
広告および/または有料コンテンツを構成するすべてのニュース/記事/コンテンツには、.adverttorial.、.advertisement、.ads.、.sponsored.、またはニュース/記事/コンテンツが広告であることを説明するその他の言葉を含める必要があります。

6. 著作権

サイバー メディアは、適用される法律および規制で規定されているように、著作権を尊重する必要があります。

7. ガイドラインの掲載

サイバーメディアは、そのメディアでサイバーメディアに関する報道のガイドラインを明確かつ明確に述べなければなりません。

8. 紛争

Cyber Media Reporting Guidelines の実装に関する論争の最終的な評価は、Press Council によって解決されました。

ジャカルタ、2012 年 2 月 3 日
(このガイドラインは、2012 年 2 月 3 日にジャカルタのプレス カウンシルとプレス コミュニティによって署名されました)。

jaJA